チキンナゲットのお弁当☆

調理時間 : 15分  投稿者 : 生活クラブ埼玉さん

短時間でできて、しかも主食・主菜・副菜が3:1:2のバランス弁当

材料

 

チキンナゲット
5~6個
《塩かぼちゃ》
 
冷凍カボチャ
4~5個
真塩
適量
《ごぼうとツナの炊込みご飯》
 
遊YOU米
2合
冷凍ささがきごぼう
1/2カップ
まぐろ油漬缶
1缶
万能つゆ
大さじ2
《法蓮草としめじのえのき和え
 
冷凍ほうれんそう
1/2カップ
カットぶなしめじ
1カップ
新生酪農の牛乳でつくったバター
小さじ1
えのき茸茶漬
大さじ1
惣菜ひじき煮豆
1/3袋
冷凍ブロッコリー
4~5個
ミニトマト
2~4個
餃子の皮
4枚

このレシピで使われている消費材

チキンナゲット

開放鶏舎で飼育し、抗生物質を使用しない鶏肉を使用し、人気のあるチキンナゲットを作りました。提携生産者の原料でシンプルに味付けしました。加熱済みですので、温めるだけでたべられます。

この消費材について

冷凍カボチャ

輸入原料が多い中で、新おたる農業協同組合積丹事業所で作付けから加工まで一貫生産しているものです。

この消費材について

1

炊飯器に米と通常より少なめの水と、ささがきごぼう、まぐろ油漬缶、万能つゆを入れて炊く

2

1.が炊けたら、冷凍ブロッコリーをラップに包み、炊飯器のごはんの上に載せて解凍する。

3

餃子の皮をカップ状にしてプリンカップかアルミホイルに入れ、チキンナゲットといっしょにトースターで4~5分焼く

4

冷凍のままのかぼちゃを小さな鍋に水大さじ3と塩をひとつまみ入れ、5~6分煮る

5

冷凍ほうれん草としめじとバターを耐熱皿に入れ、ラップをかけ、電子レンジで2~3分加熱し、えのき茸茶漬けを和える

6

餃子の皮カップにひじき煮豆、5.をそれぞれいれる

7

お弁当箱につめて、できあがり!!

8

★料理時間にご飯を炊く時間は含まれません

9

★材料の分量は「グラム」ではなく「カップ」にしました。わかりやすいし、それぞれ違うお弁当の大きさにも対応できます

10

★ご飯を炊くときに、もち米大さじ2を足すと、固くなりにくくなりますよ!!

11

★ブロッコリーを炊きたてご飯の炊飯器に入れて解凍、時間短縮です

12

★餃子の皮のカップは汁を吸収してくれます

13

★冷凍かぼちゃは甘くホクホクなので、少量の塩で煮るだけで十分美味しくいただけます

このレシピ誕生のきっかけ

生活クラブ生協(埼玉)の組合員にカタログ類と一緒にお届けする『家族想いのママ応援通信』NO.20(2018年3月12日~16日配布)に掲載。

コツ・ポイント

餃子の皮は、小分けに冷凍して皮カップはもちろん、三角に折って中にチーズを入れてトースターで焼けば手軽なおつまみやおやつになります。皮ででピザも手軽にできますし、鍋に入れてうどんのように食べると子どもは食べやすく喜びます。

レシピID 4432

通報する

レシピを見てやってみたらトークしましょう。

トークを送る

「これいい♫」と言っている人

1

これいい♫を送る
  • トミィ-ズキッチンさん